外貨預金と国内での預金

お金を増やす方法の一つに外貨預金があります。

これは、外貨を預金することで、金利による利益を得るしくみです。

外貨にする理由は、日本の銀行よりも金利が高いからです。日本の場合、何年も預金しているのにほとんど元金が増えません。

昔ならば利息だけで生活することも可能でしたが、現在ではよほどの資産がないと無理だと言えます。多くの人の場合、いくらか利息が付いたとしても、時間外に預金を引き出すときの手数料のほうが高いケースがほとんどのようです。外貨預金の場合、日本の銀行に預けるのと比較し、お金を増やす手段としては何倍も効率的です。FXのように一気にもうけることは難しいですが、手堅く預金を増やしたい人には適しているでしょう。

外貨預金を始める前には為替相場を把握しておくことが重要です。預金するときの通貨の種類を決定し、円で買い入れます。
このとき手数料がかかりますが、それぞれの国の外貨によって金額が異なります。また、専用口座を開設するため、手続きをするときに身分証明書と印鑑を持っていきましょう。

外貨預金の場合、金利が日本の10倍を超えるケースもあります。日本の銀行にお金を寝かせておくならば、外貨預金にしたほうが効率的なのは確かです。しかし、為替レートは変動するため、100%の確率でお金を増やすことは不可能です。

預金には普通預金と定期預金の2種類があります。外貨預金で注意するべきは、預金保険が適用とならないことです。そのため、もし取引銀行が破綻すれば、かなりの損失を被ることは認識する必要があります。

FXで5万円を元手に1年で100万円にするマニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このページの先頭へ