電気代を節約するコツ

家計を節約する方法のなかでは、電気代も無視できません。

お金を増やす手段として、電気代を抑えることは非常に有効です。

そこでオススメなのは、待機電流を減らすことです。待機電流とは使わなくても消費される電力のことです。

例えば、扇風機や除湿機などは、使わなくてもコンセントを接続しているだけで電気代を消費しています。冷蔵庫はコンセントを抜くことは不可能ですが、それ以外の家電でコンセントを抜けるものは、使用するたびに抜くのがよいでしょう。

そして、古いタイプの家電を買い換えることも重要です。まだ使えるのに買い換える意味がないと思う人も多いでしょうが、お金を増やす方法としては地味ながらも効果があります。
家電というのは、最新型ほど電気代が安くなります。これはパワーあたりの電気代の使用量が少なくなってきたためです。

家電は消耗品の一種なので、使えるからと長期使用するのは電気代の点で考えるとマイナスになることが多いのです。特に冷蔵庫の場合は、10年を過ぎたら買い換えるべきだという説もあります。買い換えてもすぐには電気代を相殺できませんが、数年も使用していれば冷蔵庫の本体くらいの電気代はカットできるのです。

エアコンを利用する場合は、設定温度を調整することも重要です。夏場の場合、エアコン(クーラー)の温度を1度低くするかどうかで、かなりの電気代の差になるようです。
これは、冬場のヒーターの場合も例外ではありません。エアコンの設定温度の調整で電気代を抑えてお金を増やす対策を取りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このページの先頭へ