スプレッドの狭いFX取引業者

スプレッドの狭いFX取引業者ランキング

    手数料 スプレッド
(ドル円)
信託保全 サーバー
約定能力
詳細
FXブロードネット 無料 0.5銭〜 詳細
EMCOMTRADE 無料 0銭〜 詳細
  • 重要 上のランキングの3社のスプレッドは限りなく0円に近く、システムの安定性勝負の時代に突入。
    FX取引業者のスプレッド競争も激化して、上位3社はスプレッドが限りなく0円に近くなっています。 ココまでくると、システムの安定性や約定能力勝負になってくる気がします。 基本的に上のランキングのFX取引業者は、システムの安定性や約定能力も高くなっています。さらに細かいタイプ別FX取引業者ランキングを以下にまとめました。
    手数料が一番安い | スプレッド | 小額スタート | 安心
  • | サーバー安定 | スキャルに最適

スプレッドの狭いFX取引業者

FXのスプレッドとは、FXの売りと買いの差のことです。 90-95であれば、買う時は95、売る時は90となります。 100.00−05円ではスプレッドが5銭となります。 1銭は1pipsになります。Pipsはトレード用語の一つです。 FXスプレッドは幅が小さくても利益となります。 FXスプレッドは、数年前までは5銭から6銭ありましたが、FX人気で取引高が増えたことなどから、最近では1から3銭程度となっています。 このFXスプレッドは投資家のコストとなりますので、FX会社選びの時点で、FXスプレッドの幅にも注目するようにしましょう。

FX会社では、スプレッドを広く取り、手数料代わりにしているところもありますので、コスト比較には為替手数料とスプレッドの両方を見るようにしましょう。 FXのスプレッドは隠れたコストでもありますので、必ず注意してチェックする必要があるポイントなのです。 最初は難しく感じるかもしれませんが、徐々に慣れてくると思います。